TMT・victim・JieDa・junhashimoto・LAD MUSICIAN・kiryuyrik等人気ブランドのセレクトショップINCENSE公式通販サイト

TAIONのインナーダウンが選ばれる理由


TAION
インナーダウン専門ブランドだからこそのクオリティー



TAIONのインナーダウンが選ばれる理由



まだ知らない方も多い【TAION/タイオン】というブランドは、2016年に日本発のインナーダウンに専業したブランドとして展開されました
ブランド名の由来は、TAION=体温(潜在的な暖かさ、日本発のイメージ)とし、クオリティーに対して圧倒的なコストパフォーマンスによる、価値の追求をスローガンとし、高品質で高機能なインナーダウンに注力して展開しています

そんなインナーダウンというアイテムは、冬を少しでも暖かく過ごす役目を担い、近年盛り上がりを見せています
コートやジャケットの中に仕込むのは勿論、近年続くオーバーサイズのスウェットやニットの中に仕込んだりする使い方から始まり、外側に軽いジャケットとして使われる方もいらっしゃいます
そんなインナーダウンは+αの暖かさを作る物となります

特徴は非常に薄くて軽く暖かい事
それを可能にしているのが中綿のダウンになります
TAIONのダウンとフェザー比率は95%:5%となりますが、ダウンとフェザーって良く分からないとおっしゃられる方に簡単にご説明させて頂きますと

ダウン
保温性が高く、軽いのが最大の特徴
なので中綿に占めるダウンの比率が高い方がより保温性が高くなります

フェザー
ダウンに一定量混ぜることによって、ダウンが1ヶ所に集まらないような働きをしています

ダウンとフェザーの役割はこの様になります
では、95:5の割合は暖かくても偏ってしまうのでは?と思われがちですが、実はTAIONの作り方は四角のブロック状の縫い方となります
その為、偏りが非常に少ない状態で使い続けて頂けます

某有名量販店と比べるとこの様になります

TAIONのインナーダウンが選ばれる理由

どちらが絶対にいいという訳ではないのですが、TAIONは偏りがなさそうに見えます
こういった造りの部分でもTAIONが選ばれる理由となります

中綿のダウンについて
TAIONは、多くの商品に嵩高の高い800flpのダウンを採用しています

一般で使用されるダウンは、600flp前後と言われており、それよりも軽くて暖かい空気を沢山含むことができます
その為、薄くて軽い、そして暖かいという高機能が生み出されます

その他、TAIONはダウン専用糸を使用していたりと画期的な手法は用いる物の基本的な部分は当たり前の様にしっかりと行っています
このままでは永遠に続いてしまうのでざっくりとTAIONの良い部分のみをまとめてみます
TAIONのインナーダウンが選ばれる理由

TAIONは、嵩高の高い800flpのダウン(羽毛)を採用しています。(※全商品ではないのでご注意ください。)
一般で使用されるダウン(一般:600flp前後)よりも軽くて、暖かい空気をたくさん含むことができます。
TAIONのインナーダウンが選ばれる理由

TAIONのダウンステッチ糸には、生地とダウンに最適な、ダウン専用糸を使用しています。
ダウン専用系を使用することで、ダウンの吹き出しを最小限に抑えます。
TAIONのインナーダウンが選ばれる理由

カテゴリーや商品用途に合った、最適な生地を選択し採用しています。
生地の表面には、*撥水加工をかけることで汚れがつきにくく、裏面にはダウンが吹き出しにくいACコーティングを施しています。(*撥水加工:雨具のような超撥水加工ではありませんのでご注意ください。)
TAIONのインナーダウンが選ばれる理由

TAIONのダウンは、パーツにダウンを詰めた後にダウンステッチを入れます。
そうすることでダウンステッチ周辺にもしっかりダウンが入り、外気の進入を防ぎ、体温によりダウン内で温まった空気を逃がしにくい構造としています。



如何でしょうか?
今回はTAIONの1つの商品ではなく、ブランドに関するピックアップとなりましたが、基本的にTAIONはこのインナーダウンが非常に優れているブランドです
こんな時代なのでお部屋で使われてもイイのではないかと思っています
インナーダウンだから中に着ないといけないとは限られていませんが、「中に着る事が出来る」というのは選択肢の1つとなります
是非、ご自身の使い方を模索して冬を暖かくお過ごし下さい



TAIONの商品一覧はコチラ